角砂糖を紅茶の中に二つ
あっという間に溶けあって
こんな風に人の心も
溶け合えればいいのにって

半年前に思い知らされた
それでも紅茶は覚める
冷めたカップの底に残る醜い砂糖の塊

もう恋なんてしない 決心は揺らぐ
彼と同じ空気を一度吸ったらもう
運命なんてこの人生で何度あったろう
でもこれはいつもとはちょっと違う気がしないでもない

通り雨を横で客観視
すぐに止むはずだから
水玉傘を差し出す彼の笑顔の無垢さ眩しい

公園を揺らすシーソーどんどん右に傾く
傷ついた心で誓った言葉たち耳元で騒いでるけど

独りよがりなシーソーゲーム
本当はどうしたいかなんてわかりきってる
ただ一歩目はいつだって怖い
まだ揺れているシーソーも時間の問題ね

土砂降りの雨に打たれてずっと一人でいたけど
彼がきっと人生を素晴らしいものにするだろうって
神様が言ってたの

まだ迷ってるの? シーソーゲーム
彼と同じ空気を一度吸ったらそう
ダメな世界が輝きはじめる
こんなに生きてるだけで幸せなのね

もう恋なんてしない決心は溶ける
心中体全部で愛してみたい
運命なんてこの人生で何度あったろう
これからはじまる恋に全てを懸けてみるの




明日うたう曲の歌詞です。
高校生のとき作った曲!

楽しみすぎる。。。