こんにちは。

桜も咲いて、散って。

毎年ちゃんと思い出したかのように咲く桜にありがとうと思いながら、

なぜか今年は桜の花がピンク色のポップコーンのように見えました。

目の前のいろいろに気持ちが動いていたら、

気づいたらピンク色のポップコーンがあった、、、

あ、さくらだ、、というかんじ。

気づいたら咲いてた。

当然のように。



桜が咲いていることに気づいた日のお昼、

8年ぶりに倉橋さん(http://atlantis.main.jp/sk/)にお会いしました。

倉橋さんは、8年前にお世話になったプロデューサーです。

プロフィールのとおり、ものすごい経験豊富なミュージシャンなのですが、

当時はやっていたmixiで、わたしが藤沢駅で路上ライブやってますと載せていたのを見て、

メッセージをくださり、CDを聞いて頂いて、というところからご縁がはじまりました。

(ちょっと思い出せなかったので久々にmixiメールチェックしてみた笑)


でも、当時のわたしは音楽のことも世の中のこともよくわかっていないくせに、

めちゃくちゃプライドが高くて、自分の思った通りにいかないと、

嫌で仕方ない、受け入れられない、といったかんじでした。

たとえば、写真一枚ブログに載せるのだって、もーどうしようもなく嫌だったし、

自分の曲をアレンジしてもらっても、ちょっとした音が気になって嫌だった。

なんだかよくわからないけれど、その当時、プロデュースされる、というのが、

どーしようもなく嫌だった。

「自分の音楽はこうあるべき」というのが強すぎたかなと思います。


その頃の話を久しぶりに思い出して、音楽仲間にすると、

バカだなー、と言われましたが。笑。

でも、そのころのわたしはどうしてもゆずれなかったんだと思う。

そして、一人で音楽をするようになりました。



で、この8年、いろんなことがありました。

自分の存在の小ささもよくわかったし、

誰かに何かをしてもらえるありがたさ、

そして、その人がどれだけ大変な想いをして、

その「何か」をくれるのかということ。

そして、そういうものは受け止めたい、という考えを持つようになった。


経験を重ねて自分の音楽に自信もついて、

いろんな許容範囲がかなり広くなったと思います。


いまは、どんな写真でも、SNSに載せて、音楽活動の宣伝をしてもらえることが嬉しいし、

アレンジで少し気になる所があっても、曲としての広がりが自分一人の音楽より広がっているということが理解できます。


人って変わるんだなーって。

なんとなく過ごしてきたけれど、こうやって振り返って比べてみると、わたしは変わった。


今は、いろんな話も、考え方も理解出来て、

ここからまた何事もチャレンジチャレンジで、

音楽を広げていきたいなと思います。



さて、そしてその8年ぶりの再会がなぜ実現したかというと、、

次のこびとさんライブ、キーボードに倉橋さんをお迎えしてライブします。



4月23日吉野町こびとさん
http://www.maroon.dti.nokeydokey/
open 19:00/start 19:15
ライブチャージ ¥2000(1drink付)
Cast:ぞうさんと赤いメガネ/トクブチアヤコ/宮川丈海(無許可)
トクブチアヤコは3番目、20時15分〜


ベースに神田さん、ドラムにくつしたさん、ギターに星野くん、キーボードに倉橋さん、

そしてトクブチアヤコでお届けします、4/23こびとさん。


今から吐きそうなくらい楽しみです。


ギター星野くんはわたしが教育実習にいったときの生徒です。

5こも年が違う。。。けれど、めちゃくちゃギターが上手くて、

上手いだけではなく、ギターが大好きだという気持ちが、

音と一緒に飛んでくる、大好きなギタリストです。


くつしたさんはやっぱり大先輩のシンガーソングライターであり、

歌を聞きながら叩いてくれてるのだなーと、

要所要所で実感させてくれるのが幸せです。

アーティストとしての姿も、背中で教えてくれるかんじがまたまた大好きです。


神田さんは、このバンドがはじまるきっかけとなった神様みたいな人で、

仕事も音楽も家族も全てに全力投球、いつも元気で明るくて、

みんなのこと見てくれてます。

そしてトクブチアヤコのファンでいてくれてます。

もー感謝しかありません><!



最近いっこいっこのライブが全部大切で泣きそうなくらいいろんなものが詰まっていて、

こんな風にまわりに誰かがいてくれて、一緒に同じ音楽ができるのが、

当たり前のことではないことをとてもよく感じているので、

だから、バンドって、切なくて、

いつまでもと願うと苦しくなるから、

一回一回のライブを大切に過ごしたいです。


お時間ありましたら、ぜひ、会いにきて下さい!!!!


ではではまたー。