発売日から数日経ったけれど、今日ようやくタワレコでゲット。

無事初回限定残ってて、ほっとしたような、寂しいような。


帰って封をあけて、歌詞カードを読んで、

それだけで、もう、ほんと、めちゃめちゃ良くて、、

聞いたら、ほんとに、すごくって・・・・・、、、


わたしはせっかちなのか、CDを聞く時、早く他の曲も聞きたくて、

割と1コーラスくらいで次にいってしまうけれど、

すごいじっくり、アルバム全曲通して聞いて、

ベッドで布団にくるまりながらずっと泣いてました。

歌詞とメロディに何度も心臓えぐられて、死ぬかと思った。

いくつも、そういう歌詞、メロディがありました。

そして完璧なピッチでものすごく難しく微妙なメロディを軽やかにうたいあげる・・・

そして、一番思ったのが、すごいフレッシュだなーーと思った。

今さっき産まれました、aikoです^^みたいな、

初期のaikoを感じさせて。でも、新生フレッシュというような、

aikoがaikoとしてまた更に生まれ変わった印象。

よく、「aikoね〜、夏服のころは聞いてたけど〜」という話を聞いたりするけど、

そういう方に、絶対、時のシルエット聞いてもらいたい〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

この人は天才!!!!!

と、また改めて思いました。

わたしはこの人にほんとに人生動かされてるなー。

そして、そう思ってる女子が他にもものすごくたくさんいることでしょう。

なんて罪な人。。。。

そして島田さんアレンジも素晴らしくて・・・

たくさんのアーティストでいろんなアレンジをしているのに、

なんでまた新しい世界を見せてくれるんでしょうか。

凄すぎです。

すごすぎて、泣くことしか出来なくて、

aikoが新譜さえ出し続けてくれれば、わたしは生きて行けるかもしれないと思う。

そしてaikoが死んだらわたしも死ぬ。

そんなかんじでした。



そんなわたしをよく思わない人もいるけれど、

そんな自分、わたしはべつに嫌いじゃないー。

こういう感情を感じさせてくれるaikoに出会えてわたしは幸せだー。



そんなaikoのアルバム、時のシルエットのタイトルのように、

わたしも今の自分自身と向かい合います。


やっぱりうたうことが好きだから、

日々感じることを歌にしてうたっていきたいから、

まずは「歌」をちゃんと聞く人が「歌」として楽しめるレベルにしたいと思い、

練習に励んできました。

その中で、生きてる限り歌をつづけていきたいというわたしのsing or dieという目標を達成すべく、

おばあちゃんになってもうたい続けられる発声法も考えてきました。

そしたら、クラシックに出会って、

この夏、イタリアで声楽のレッスンを受けてくることになりました。

旅行が苦手で、家で曲つくってるのがなによりも幸せなわたしが、

26日間日本を離れるのはとても心配なのですが、

がっつりレッスン受けて、少しでも歌がよくなるように、頑張って来たいと思います!

英語もイタリア語もできないのに、イタリア人の先生に習うのです・・・・

通訳してもらうけどね・・・・

今から緊張してソワソワしてしまうけれど、

7月は路上もしたりしていきたいと思います。


ライブも、7月5日にハニービーで決まっていますし、

帰国後の9月29日は晴れたら空に豆まいてでランチライブ出させて頂きます。


大好きなうたに向き合う27才の夏、わたしの時のシルエット、

写真撮ったりするのも苦手だけど、写真もちょっとは撮ろうかな、と思っています。