あけましておめでとうございます

2009年は変化のある年でした。
そしてわたしの夢に一歩近づけた。
でも、なんだかまた遠ざかっているの。


欲しいのは形無いものばかりで、何度も何度も手にしては消える。


生きてる限り、頑張り続けなきゃいけないのね・・・と、
勘付きだした24の冬・・・。

そして頑張りきれないわたし。

こんなに中途半端なら全部やめてしまおうかと思うわたし。



悶々と過ごす中、大好きなairdropが解散をした。

そっかー・・・。。。と思い、今までのありがとうを思い出した。

CDを聞いてたくさん泣いて、うたう力を彼女たちにもらったことを感謝した。

それは2009年がおわる3日前だった。

そして他にも、12月はいろんなさよならがあった。



こんなふうに2009年がおわるなんて、ほんとに、わたしの中の何かが時間とともに音を立てて終わったかのようでした。

2000年から2009年までの10年間は、まさしくわたしの青春時代だったんだもん。

たくさん泣いて、たくさん笑って。

情けなくて恥ずかしい思い出ばかりあります。

たくさんの後悔や挫折があります。

なんでこうしなかったんだろう、なんであーなっちゃったんだろう。

そして今、ここに立ってる。

それは紛れもなくて、逃げられないから、

だから頑張らなきゃいけないんだな、と。


愛しい2000年代の思い出たち、ありがとう。

この10年はそれでもほんとに誇らしい。

自分をこんなふうに振り返られるように生きていきたい。

そして一緒に過ごしてくれた人たちに少しずつ、何かを与えたい。




今年もよろしくお願いします。